nursing

6歳|自立へ向けて

100825.jpegかなり更新が滞っていました。。。そんな間に、息子は6歳の誕生日を迎えました。来年は小学生!!早いもんです。ついこないだまで、補助輪の自転車を乗っていたかと思えば、誕生日には22インチのギア付の自転車に乗れるようにまで成長しています(少々よろけておりますが…)。なので、今までお出かけは幼稚園の送り迎え同様、前後に乗せていましたが、息子は自分で自転車をこいで後ろからついてくるスタイルで大丈夫になりました。さらに負けん気の強い娘も自分も1人で自転車をこぎたいと言いだす始末、近場なら補助輪つきでガーガー一生懸命ついてきます。なので、私が先頭で、娘→息子と1列になって走っています。坂道でくじけそうな娘のことを後ろから励ます兄。そんな姿を見てもうちょっとしたら、子ども達だけで出かけたりするようになるんだろうなぁと漠然と思ってしまいました。
でも、幼稚園には自転車通園出来ないので、しばらくは母の自転車に3人乗り。これが、ホント日に日に重たくなる2人に自転車がどこまで耐えられるのか。。。電動にして良かったとしみじみ思う今日この頃(歳も歳だからねw)。
夏休みで色々書きたいことはあるけれど、なかなかパソコンに向かえず、携帯もイマイチ。やっぱりのんびり更新なので、気長にお付き合いくださいカメ。

夏も終わり…

090823.jpeg気がつけば、9月も1週間が過ぎ、子ども達の夏休み気分も終わり通常運転に戻りつつあります。(って私が夏休みモードから抜けきってないかも!!)明日からは、息子もお弁当が始まり、また慌ただしい朝になるなぁ。。そして、行事の多い2学期突入。早速、親睦会の幹事でバタバタ。。運動会に遠足に発表会etc親の出る幕多い2学期デス。今日は、今年最後のとしまえんプールでひと泳ぎして夏を締めくくりました。
今さらですが、お盆は母の実家への旅行となりました。私の実家は千葉なのでちょくちょく行っているので帰省なんてものじゃないし、旦那は…2世帯同居なので論外。子供たちには田舎というものがないなぁと思ってました。私は夏になると母の実家(宮城)への帰省が楽しみで仕方ありませんでした。毎年決まって1週間くらい行くのですが、今もいろいろ記憶に残っていることが多く、それだけ印象深かったのだなぁと思います。母の両親が他界してからは、私は行く機会も無くなり10年近く行っていませんでしたが、そんなことは感じること無く過ごしてきました。田んぼの中の1軒屋、畦にはカエルがぴょんぴょんして、夜空を見上げれば天の川が見えたり、流れ星も見られたり。。都会では味わうことの出来ない自然を少しでも体験できたかな。

かいじゅうたちのいるところ

090828.jpeg息子が小さいころから読んでいるお気に入りの絵本の一つにかいじゅうたちのいるところがある。この絵本は私も旦那も子供の頃読んでいて好きだったので、息子にも読んでいたのだけど、これがとうとう実写映画化されてました〜。日本公開は来年だけど、今からワクワクしています。監督はマルコビッチの穴のスパイクジョーンズ。CGじゃなくって実写ってとこが興味をそそります。子どもたちにも見せたいけど、私が観た〜い♪
そんな『かいじゅうたちのいるところ』の予告編はこちらです。

桜〜ツツジ

090424c.jpegかなり、放置してしまいました。。特に、何があった訳ではないのですが、パソコンに向かえず1ヶ月近くたってしまいました。書きたいことは山ほどあるのだけど、何から書いてよいのやら…前回は、桜が咲き始めてお花見だーなんて言ってましたが、その桜もあっという間に散り、今はツツジが満開。色とりどりに咲いています。特に、練馬区の区花がツツジで駅前にはたくさんのツツジが植えられていてお祭りもあるほど。息子は年少から年中へ進級し、初めてのクラス替えを経験。でも、ウチの幼稚園は1学年に2クラスしかないので、半分近くは年少の時と同じ顔ぶれで、自由遊びのときはお互いのクラスを行き来できるらしいので、息子自身はあんまり、クラス替えの意味は分かってないのかも…それより、私の方が心配です。。なにせ、新しいクラスの子供達の名前とそのママの顔と名前とか、兄弟のこととか新しく覚えなきゃならないのでどうも、苦手(笑)。まあ、年長に上がる頃には全員の顔と名前も覚えられてるといいなぁ。娘は相変わらずのマイペースですが、地区区民館でやっている体操や、サークルのリトミックに参加するようになり、少しづつ娘のお友達もできそうです。息子の時には公園に行ったり、児童館に通って、そこでお友達になったりしてましたが、2人目はどうしても上の子に予定をあわせがちで、息子のお友達=娘のお友達みたいな感じになっていたのです。もうじき3歳になるので、社会性も芽生え他者とのコミュニケーションも取れるようになってきました。乳児から幼児へ移行した感じです。そんなこんなで、生活スタイルも微妙に変化して私自身、時間配分がうまく行ってない気がします。ゴールデンウイークももうすぐ!なんとかリズムをつかめるようやってかないと。

桜が

毎日、バタバタ生活は今に始まったことじゃないけど、先々週からは、特に忙しくいろんなことがぎゅうぎゅう。まず、息子の幼稚園で親子お別れ会の幹事に(不本意ながら)なってしまい、会場.お弁当.催しもの.プレゼント諸々の手配や準備でバタバタ。それが、無事終わって一息つく間もなく、会計集金。幼稚園ママ達とは、お迎えの数分しか会わない人たちもいるので、おおわらわでお知らせを回したり…そこそこ気遣いもしたりで、ぐったり。なんてしてたら、娘が40度近い高熱をだしてしまい、2日ばかりダウンしてました。インフルエンザも微妙に流行っていた時期なので、その心配もしたけど、きっかり2日で寛解!なんかのウイルスの仕業だろうけど、早く治って良かった♪幸い息子にはうつらず、次の日は幼稚園の終業式で、もう1年も通ったのね。。ずいぶん、お兄ちゃんになったんだなぁと、感慨深く入園式の写真を見返して、ちょっと涙していました。幹事も終え、娘も元気になり、息子も春休みに突入して、安心したのか、気が緩んだのか…お彼岸なので、お墓参りを終え、実家に向かう途中から私の体に異変が!足がダルくなって、 腰も重い。更にはお腹もイタい。なんか、様子がヘン…と思っていたら、発熱ですよ〜。しかも9度近い高熱で、ぐったり。あわわ(°□°;)とにかく、水分取って寝るしかないけど、熱のせいで体が痛くて、なかなか寝付けず…なんとも辛い夜でした。が、気合いで?!翌日には熱も下がり、何事もなかったように、復活しました。それから、2日間は子沢山一家をしてました。妹たちに、それぞれ用事ができ、子どもたちを預かって見ることになり、8歳4歳3歳2歳1歳を引き連れて、ショッピングモールに出掛けたり、遊ばせたりしていました。それだけの子どもを連れて、ファミレスとかに入れば、当然、子沢山ママです(笑)。口数も子どもの分だけ多くなって、いっぱいいっぱい!子どもたちが勝手に遊び回れる環境が少ないこのご時世、少子化もやむを得ない事情なのかも…と、実感しました。そんなこんなで、あっという間に2週間が過ぎていったのでした。久しぶりに家のそばの川を通ってみたら、桜がもう咲いてるじゃないですか!!こぶしの花が見頃だなぁ〜なんて思ってた矢先。来週はお花見かな。 写真はお墓参りの時の水汲み。まだ、井戸が頑張ってました。でも、私が子供の頃よりはるかに水量が少ない!地下水も枯れてきたのか…それとも、最近お墓のそばにできた天然温泉のせい?

春の房総

週末はとっても良い天気で行楽日和でした。ちょうど、実家に帰っていたので、少し足を伸ばして、房総へ行ってきました。菜の花畑は子どもたちがかくれてしまうくらい大きく育ち、満開の黄色が眩しく、思いきり春を感じました。内心、おひたしにしたら美味しそう…と花より団子でしたが(笑)。なにより、妹たちとこうやって、子連れでドライブに来られるのは、姉妹の特権かもなんて思ってみたり。子どもたちも、8歳.4歳.3歳.2歳.1歳(ちょっとした保育園)と、だいぶ手の掛からない歳になって、子ども同士で遊んでいるのを、離れたところで眺めているのも、また一興でした。そして帰り道、その勢いからか、息子と娘は妹の家に泊まると言い始めました。息子は体験済みだけど、娘は…まだ2歳だし…夜中に泣いたりしないか心配…。でしたが、妹の家は車で行ける距離なので、何かあれば迎えに行くつもりで、OKしました。いやあー、心配なんて無用でした。息子も娘も楽しく遊んで夕飯もちゃんと食べて、夜もスンナリ寝たそう。(それはそれで、ハハは淋しかったり(笑)。)子どもたちが生まれてから、初めて1人で寝たかも!なんか物足りない感じ。

鬼は外福は内

心配おかけしました。息子の気管支炎も無事治りました♪♪それにしても、もともと気管支が弱い息子、まるまる1週間寝込んでいました。息子にとっては最長記録です。この時期、病院(特に小児科)はものすごい患者の数で、ちょっとした風邪では、もっと大きな風邪をもらってきそうで、出来れば避けたい場所の一つですが、40度の熱でビクビクしている息子を目の前にしたら、そんな悠長なことは言ってられません!!なるべく、患者さんの少ない朝イチとかを狙って行くのですが、点滴が終わる頃にはお昼近くになっていて、待合室に戻るとマスクをした人たちが大勢…みんなゴホゴホしてたり、ぐったりしてたり。。先生も、ずーっと診察しっぱなしだし、看護士さんも、次から次へと処置をしています。でも、先生も看護士さんもマスクつけてないんだけど。。こんなに色んなウイルスが飛び交ってそうな中で大丈夫なのかな?と老婆心ながら心配してしまいました。この1週間は夜も気が気じゃなく眠りも浅かったけど、旦那も早く帰宅してきて看病してくれたり、娘はおばあちゃんのところで、おとなしく遊んでいてくれたりと、家族の協力があって、私自身共倒れにならずに済んだと思います。何はともあれ今日から幼稚園に元気に出かけて行く姿を見て、枕を高くして眠れそうです。あっ!タイトルにあるように、今夜は家族揃って志乃だ寿司の恵方巻きを食べて、豆まきしました。子どもたちの「おにはーそとー!!ふくはーうちー!」と元気な声が道路に撒いた豆とともに広がっていました。

毎日

081117.jpeg11月に入ってもう半月過ぎちゃっってます!!ってことは今年も残すところ1ヶ月半しかないってことなのね。。なんだか、年々時間の流れが早くなっていくような…これって歳のせい?子どもの頃は1日が長かったなー。夏休みとかなかなかやってこない(笑)。今では、毎日嵐のよう。朝起きてお弁当作りに始まり、朝ご飯作り、食べさせながら洗濯して、幼稚園へ行く準備、この間、子ども達が素直にちゃきちゃきとご飯食べたり、用意をしたりしてくれるとイイのだが、そうはいかないのがセオリー。。なんとかモチベーションをあげながら幼稚園へ送っていく。その足で娘と買い物などの雑用を済ませつつ公園や図書館へ行き、遊ばせてるうちにお昼。食べてホッと一息つきたいところだけど、気がつけば、もうお迎えの時間…(ウチの幼稚園は預かり保育はやってないのだ)それから園庭で小1時間遊ぶこともしばしば。その後さらにお友達と遊んだり、プールや体操といったお稽古に行き、ようやく家に戻ってきた時にはもう17時を回ってたりするので、のんびりもしてられない!!ここから、夕飯の支度をして、ご飯が先かお風呂が先か迷うところだけど、お腹もすいて眠たくなってくると子どもたちの機嫌は最高に悪くなるので、そうならない方向にうまく誘導できるようにするのにも気をつかったり。もちろん、4歳に2歳の子どもなので、自分でお風呂に入って洗って出てこられる年齢じゃないので自分も入らないとならないし…怒濤の勢いで歯磨きまで済ませ、布団へ入り寝かしつけまで帰宅から2時間半。やっぱり、遅くても8時〜8時半には寝て欲しいから。まだ、子どもたちだけでは寝られないので一緒に添い寝をするんだけど、これがもうお布団の甘い暖かい誘惑に自分が1番先に寝てしまうことも…夕飯食べはぐったり、ネットもできない、のんびりテレビを見たりもできない。。なんか、ないないづくし(泣)。

Page Top