baby

6歳|自立へ向けて

100825.jpegかなり更新が滞っていました。。。そんな間に、息子は6歳の誕生日を迎えました。来年は小学生!!早いもんです。ついこないだまで、補助輪の自転車を乗っていたかと思えば、誕生日には22インチのギア付の自転車に乗れるようにまで成長しています(少々よろけておりますが…)。なので、今までお出かけは幼稚園の送り迎え同様、前後に乗せていましたが、息子は自分で自転車をこいで後ろからついてくるスタイルで大丈夫になりました。さらに負けん気の強い娘も自分も1人で自転車をこぎたいと言いだす始末、近場なら補助輪つきでガーガー一生懸命ついてきます。なので、私が先頭で、娘→息子と1列になって走っています。坂道でくじけそうな娘のことを後ろから励ます兄。そんな姿を見てもうちょっとしたら、子ども達だけで出かけたりするようになるんだろうなぁと漠然と思ってしまいました。
でも、幼稚園には自転車通園出来ないので、しばらくは母の自転車に3人乗り。これが、ホント日に日に重たくなる2人に自転車がどこまで耐えられるのか。。。電動にして良かったとしみじみ思う今日この頃(歳も歳だからねw)。
夏休みで色々書きたいことはあるけれど、なかなかパソコンに向かえず、携帯もイマイチ。やっぱりのんびり更新なので、気長にお付き合いくださいカメ。

まだまだ続くよ

100317.JPGインフルエンザの騒動も落ち着き、ようやく落ち着いて過ごせると思っていたのもつかの間、日曜日に息子が発熱。そして下痢。抵抗力が弱っているからちょっとしたのでもダメージを受けてしまうらしい。幼稚園でも胃腸炎や嘔吐下痢症が流行中。
ひそかに、水ぼうそうも流行しはじめたみたい。水ぼうそうは、潜伏期間が2週間と長いから気がつかないうちにうつっていることが多いみたい。でも、予防接種で抗体をつけるより自然罹患したほうが強い抗体をつけられるから、なっておきたいけど、息子は弱っている最中なので、それもかわいそう。。。本当によく熱を出して心配してしまうけど、ゆっくり息子のペースで強くなっていくのを見守るしかないです。(普段はそんなの感じさせないくらい『超』がつくほど元気なんだけどね)そして、何より私がどっしり構えておかないといけないなぁ。。と毎回思うのですが、高熱の子ども達を目の前にしてしまうとただただ心配でオロオロするばかりなのは、母としていかんな、とここに書いてみたり。
だんだん春の気配が強くなる今日この頃、早く元気に走り回れるようになるといいな。
写真は息子が並べたライダーソフビ達wこっそり、初夏の映画が楽しみだったりしてます。

長い夜|新型インフルエンザ

2月の終わり近くに、息子がまた熱を出した。でも、翌日には下がってたから月イチの熱かな?と思い、元気だし幼稚園にも行ったけど、少し咳をしていたので、プールは見学で娘だけ泳いでました。が、その晩から再び熱が出て、8度越え。咳もひどくなったので、翌日病院へ。インフルエンザの検査をと言われるが、激しく抵抗する息子…。看護士さんにお願いして、こっそりグリグリじゃなくて、鼻水をかんだので検査してもらった。ぐったり感もないし熱もそんなに高くないから、今回も違うんじゃないかと気楽に結果を聞いたら、インフルエンザ陽性( ̄○ ̄;)先生はぽつりと「妹さんもうつってる可能性高いですね。」ガーン!!

案の定、その晩から娘も熱が出て39度、しかも寝ていて突然叫び震え「落ちる!落ちる!」と分からないことを口ばしってました。今だから冷静に書けるけど、もうこっちも焦りまくり。旦那が抱きしめしばらくしたら落ち着いたけど、そんなのが2回ほどあり、朝イチで病院へ。やっぱりインフルエンザ陽性でした(T_T)

月イチの…

息子がまた熱を出しました。でも、実は昨年からほぼ月イチで発熱してまして、しかもかなりの高熱(39度前後)になるんです。。。でも、熱の割に辛そうじゃないのですが、世間ではインフルエンザが猛威を振るっていたので、幼稚園からは発熱があれば医療機関で診察を受けてくださいとのお達しがあるので、熱の度にとりあえず病院へ行くのですが、医者も見るからに「インフルエンザじゃないよね。」と言ってくれる先生もいれば、「怪しいから、検査しましょう。」と言う先生もいました。息子は3回も検査をしたので、すっかり、検査恐怖症です。あの長い綿棒を見ると大暴れ…仕方ないけどかわいそうで。でも結局1度もインフルエンザ陽性にはなっておらず、まだインフルエンザへの脅威は続きます。
息子も今年は6歳。幼児から児童へ変化しつつあるのかも。だいぶ自分の身体の状態を伝えられるようになったし、咳や鼻水も長引かなくなてきたし、なにより熱性けいれんの心配が少なくなったのが一番です。今までは、漠然とした恐怖みたいなのが熱を出す度につきまとってましたが、客観的に容態を診られるようになりました。それでも、40度近くなると、居ても立っても居られないですけど…熱を出しやすい体質と割り切って付き合っていくしかないですよね。普段はこの上なく元気なので無用の心配かな。

ツリーが…

P1013292.JPGもう今年も残すところあと20日とちょっと。年賀状もこれからだし、クリスマスの予定もまだ…アドベントは始まってるのにね。先日、子ども達にせがまれてようやくツリーを出しました。楽しそうに飾り付けをする子ども達。去年の時は上のほうに手が届かなかったけど、今年は届いてるよ…1年の成長が伺え、感動(親ばかですw)。飾り付けは子ども達に任せているので、どのように仕上がっても手直しはしないのですが…、今年のツリーにはビックリしました。遠くから眺めているといいのですが、近づくとこんなので、遊びにきた甥っ子も怖かったようで近寄らなかったです(笑)。キラキラした飾りに混ざって、白いの(決して天使じゃないw)や赤いの(間違っても手前のようなサンタじゃない)人形達が飾られてまして。。。そう今、子どもたちのブームのライダーソフビ人形がてんこもり。
ああぁ。。我家のツリーはシンプルでオシャレな素敵なツリーとはほど遠い…。でも、仕方ないかな。私もまんざらでもないから、これはこれで、今年の想い出に。

夏も終わり…

090823.jpeg気がつけば、9月も1週間が過ぎ、子ども達の夏休み気分も終わり通常運転に戻りつつあります。(って私が夏休みモードから抜けきってないかも!!)明日からは、息子もお弁当が始まり、また慌ただしい朝になるなぁ。。そして、行事の多い2学期突入。早速、親睦会の幹事でバタバタ。。運動会に遠足に発表会etc親の出る幕多い2学期デス。今日は、今年最後のとしまえんプールでひと泳ぎして夏を締めくくりました。
今さらですが、お盆は母の実家への旅行となりました。私の実家は千葉なのでちょくちょく行っているので帰省なんてものじゃないし、旦那は…2世帯同居なので論外。子供たちには田舎というものがないなぁと思ってました。私は夏になると母の実家(宮城)への帰省が楽しみで仕方ありませんでした。毎年決まって1週間くらい行くのですが、今もいろいろ記憶に残っていることが多く、それだけ印象深かったのだなぁと思います。母の両親が他界してからは、私は行く機会も無くなり10年近く行っていませんでしたが、そんなことは感じること無く過ごしてきました。田んぼの中の1軒屋、畦にはカエルがぴょんぴょんして、夜空を見上げれば天の川が見えたり、流れ星も見られたり。。都会では味わうことの出来ない自然を少しでも体験できたかな。

かいじゅうたちのいるところ

090828.jpeg息子が小さいころから読んでいるお気に入りの絵本の一つにかいじゅうたちのいるところがある。この絵本は私も旦那も子供の頃読んでいて好きだったので、息子にも読んでいたのだけど、これがとうとう実写映画化されてました〜。日本公開は来年だけど、今からワクワクしています。監督はマルコビッチの穴のスパイクジョーンズ。CGじゃなくって実写ってとこが興味をそそります。子どもたちにも見せたいけど、私が観た〜い♪
そんな『かいじゅうたちのいるところ』の予告編はこちらです。

TDS

090803.jpeg息子の誕生日リクエストでシーデビューです♪息子はただチョコレートポップコーンがランドからシーへ言ってしまったので、それが目当てでシーに行きたいと言ってました。当日は心配されてた天気もなんとか大丈夫そう。ただし風が強い。シーは海側なのでなおさら潮風に吹かれまくりました。駐車場ももちろんランドとは違ってぐるっとまわったところにありました。うっかりランドの駐車場にはいってしまうところでした(笑)夜までいるつもりだったので、出だしは遅めの11時。それでも、4階の真ん中くらいに駐車できたので、夏休みの割に混んでない?というか、シーはこのくらい?といった感じ。クールサービスのイベントをやってるので、水浸しになるのを覚悟で、子どもたちの着替えにレインコートにバスタオルに荷物が全部入る大きめのビニール袋と準備万端でした。でも、水浴びしたくなるほど暑くないよ。。なので、実際は着替えくらいしか、使いませんでした。ガイドのお姉さんに息子が誕生日であることを告げるとお誕生日ステッカーをくれました♪このステッカー貼っているとちょっといいことがあるんです。ゴンドラに乗った時にはイタリア語でハッピーバースデーを歌ってもらい、しかも同乗していた他のお客の方々からも祝福の拍手付き!!息子は照れ照れになってましたけどw。ぐるっと一周して地図と実際の感じを一致させました。そしたら、もうお昼の予約の時間。今回はシェフミッキーでランチの予約をしでおきました。でも、シェフミッキーの予約は宿泊者優先…どうにか、時間ギリギリで予約は取れていたので、2時〜でした。

5歳|成長著しく

090726.jpeg息子5歳になりました。やっとというか、もう、というか。。振り返ると早いもので…いろんなことがありました。これからもっと色んなことがあるのでしょうけどね。このブログも息子がお腹にいるときに始めたので、ぽつぽつマイペースに5年目です!!読んでくださっている皆様ありがとうございます☆

男の子は昔から弱かったのでしょうか、七五三で男の子は5歳を過ぎてようやく幼児から子供へと成長したとされていたようです…息子も月イチで風邪をひいています(ひきすぎ…)が、それも個性ひとつとして、将来強い身体になってくれるだろうとハハはポジティブシンキングです(笑)。
そんな息子の誕生日リクエストが、「シーに行きたい!!」でした。娘の誕生日にランドに行ってチョコレートポップコーンがシーに行ってしまったのを聞いていたので、きっとポップコーン食べたさです。。私も旦那もシーは未体験。1度ホテルミラコスタの中からショーを観たことはあるけれど、中に入るのは初めて。どんなアトラクションがあるのかもわかりません。息子は、テレビで情報を仕入れたらしく、夜のショーを観てみたいと意気込んでいました。息子もやっぱりミッキーに会いたいらしのですが、会えるアトラクションがシーにはなさそう。。レストランではあるみたいだけど、PS対応じゃなくどのくらい待つか見当がつかなかったので、今回は昼食を思い切ってパーク外のアンバサダーホテルのシェフミッキーで予約を取りました。

虫・虫・虫

20081101.jpeg息子は虫好き。虫キライの方は飛ばして読んでくださいね★確かに男の子だし、虫の1匹や2匹触れないと困る!自然とのふれあいが大事よ!との勝手なハハの男子像の解釈から小さい頃から積極的に虫に触れさせていましたが、手の中いっぱいのダンゴムシとか、鱗粉つきまくりの大きなチョウなんかを無邪気に渡されて、平静を装いつつ『ぎょぇーー』と心の中では叫んでおります。いくつか飼育のお話を…写真は昨年にいただいたカブトムシの幼虫。息子の手のひらぐらいの巨体で、それが3匹も。。晴れて蛹になり先日1体は無事成虫になりました。1体はまだです。残る1体は蛹室がきちんと形成されず羽化不全でした。それから、我家のベランダにある【ゆず】の鉢にいた虫です。その虫は鳥の糞みたいな色とヌメヌメした2センチくらいの物体で、小さなゆずに3匹もくっついていました。もちろん息子は喜んで飼うと言い出し、慌てて水槽を買いに行きました。

Page Top