Healthy

ゆず と かりん と しょうが

100104.jpg
去年作ったかりん酒を、旦那さんがとても気に入って飲んでいたので今年も作った。息子も去年咳がひどくなったことがあったので、かりんジュースを作ってみた。これがてきめん。鼻をたらしてるなぁと思ったところでかりんジュースのお湯割りを1杯飲ませると、次の日にはすっきり治っているということが続いている。おいしいので「かりんジュースもっと飲む!」とアンコールつきである。あっと言う間に飲み終えてしまったので、今度は多めに作ったぞ。と言ってもこれもあっという間に飲み干してしまいそうだけど。自分用にレシピを下にメモっときます。おせちを全然作らずに余ってしまっているゆずと旦那さんの大好物の生姜もハチミツに漬けた。お湯やお茶に溶かすととってもおいしくてしあわせだぁ。ママ友さんのお子さんにゆずちゃんもかりんちゃんも居るけど、ゆずもかりんも香りだけじゃなく、身体にいいすばらしい果物だなぁとつくづく思う(さすがにしょうがちゃんはいないけども)。今日でお正月休みもおしまい。近所のカフェでランチをしたんだけど、息子はすっかり気に入ってくつろいでいた。しかし学生街のカフェらしくランチは大盛りでびっくりしたわ。

はちみつ大根と鼻うがい

091025.jpg息子の突発性発疹がどうやらやっと終わりを迎えるようだ。金曜日にポツポツと出始めた発疹は土曜日にはかなりしっかりと出ていた。というワケで昨日の息子は熱が下がったものの、ご機嫌は最高潮に悪く、何をやってもすぐに泣くグズグズ男になり下がっておりました。普段いかにご機嫌だったのかと思い知らされる。携帯のアンパンマン体操を見て、終わってしまったと嘆いて、そのまま酔いつぶれた人のように眠ってしまった。夜も泣きながら2度ほど起きて、やはりはちみつれもんを飲ませて落ち着かせて眠るというパターン。今日になったら咳が出ているので、はちみつ大根を仕込んだ。これを飲ませればきっと治るだろう。私はと言えば、塩水で鼻うがいをしていたらほとんど治りました。鼻うがい、すっごくオエーとなるけど、めっちゃ効きます。鼻づまりの皆さんぜひお試しあれ!
はちみつ大根は「じぶんでつくるクスリ箱」に書かれています。他にもおばあちゃんの知恵的な家で作れる薬がいろいろ書いてあって、重宝してます♪はちみつ大根と鼻うがいのやり方は以下

ホットはちみつれもん

091023.jpg家族全員かぜをひいている。旦那さんは咳ゴホゴホの熱なし、私はのどの痛みと鼻たれ熱なし、して息子が熱ありだけど元気というバラバラな症状。風邪にはレモンのはちみつ漬けを作って、お湯で飲むのがいい!とさっそく作る。息子も大好物だ。
ところで息子の場合はただの風邪ではなかった。1日目微熱よりやや高めの熱が出るがご機嫌なので様子を見る、2日目38度台なので一応病院へ行く。インフルエンザ陰性、尿検査でも原因になるようなウイルスはなし。「突発性かもね」と、先生に言われて投薬なしで帰される。その夜は2時間おきに起きるし高熱が出た。はかってないけど40度台だとオモ。氷枕が2時間ごとに替えないとぬるま湯状態になるほどだった。息子の状態も手が宙をさまよって時折ピクっと動いたりするので「熱性けいれんが出るかもしれない」と、怖くなりながら見守った(って眠りながらだけど)。枕を替える時にははちみつれもんに氷を入れてやると喜んで飲んだ。たくさん飲んで、たくさんおしっこ出して治れ、治れと念を送る。3日目の朝はまだ38度台だけれどすっきりした顔をしていて、そこからはぐんぐん回復。4日目には熱も下がってきたのでパパと朝風呂。会社に行くパパを見送って今日は散歩でもするかーと息子を見ると...なんかブツブツ??あれ、ここにも出てる。「ぬ!これが突発性発疹か!!!」とひざを打つ。ブツブツが出てくると共に機嫌が悪くなったので、病院へ行った。医者には「軽い発疹で済んでるね...たぶんひどくはならないと思うけど、機嫌悪くなるかもしれないな。お母さんはがんばって」と言われ「?処方とかはないんですか?」と問うと「うん、ないよ」とあっさり。私にうがい薬だけ出してもらって、家に帰った。息子は今までにも2回くらいしか熱を出していないので、その度に慌ててしまうんだが、もっと落ち着かなくてはと思わされる一件だった。さてはちみつれもんの追加を作らなくては。

梅仕事 梅干し&らっきょう

090615.jpg
さて、梅仕事の大トリと言えば梅干しなのです。そして今回はとうとう10キロ漬ける事に。4キロくらいじゃ1年もたないし。そして去年漬けてめちゃウマだったらっきょうも漬けたい。このふたつが運悪くいっぺんに配送されるという最悪のタイミング(と思ったら去年もだった)。そこで母にプーヘルミー、プーヘルミー。朝からママ友&チビたちで三駅先の大きな公園に行き、チビたちを存分に遊ばせ弱らせた。帰り道にお昼寝したいつ日を布団に無事着地させた後は私も少し休憩。母が夕飯持参で来てくれたので、早めの夕飯を3人で食べて梅仕事スタート。洗ってひたすら梅のへたを取る。その間は母といつ日が遊ぶ。このふたりは仲良しなのでラクだ。4.5キロ漬けたところでいつ日の眠る時間。旦那さんも帰ってきたので、私が寝かしつけをして旦那さんと母で梅仕事。昼間に弱らせたので、いつ日の寝付きも良く梅仕事に再参戦。母は洗ってへたを取る、私と旦那さんで梅をふきながら梅を漬ける。さすが三人でやっただけあって10キロを2時間強くらいでやっつけた。その後休まずらっきょうを漬ける。らっきょう2キロを洗い、いらないところを切る。コレが大変なのねー。けど塩らっきょうのうまさには代えられないのでがんばる。母が洗い、私が切る。仕上げは旦那さんと私。1時間弱で終わった。さすが3人でやったので3時間くらいで全てが済んだ。ヤッター!やりきったー!!とよなよなエールで乾杯して日記もアップ。後は土用干しダ♪

梅仕事 梅醤油と梅肉エキスの失敗

090605.jpg
王隠堂の有機梅が届いたので梅醤油と梅肉エキスを作ることにした。梅干しはたぶん来週だ。キッチンに入って梅を触っているといつ日の機嫌が悪くなってきたのでキッチンに入れた。梅肉エキス(胃腸系の万能薬)作りのおろし金に興味シンシンで触ろうと必死。そこで小さいおろし金と青梅をひとつ渡すと、非常に満足していそいそと仕事してるカンジを装っていた。梅醤油は漬けて冷蔵保存するだけなので簡単。2ヶ月後に冷や奴にかけて食べるぞー♪梅肉エキスは17個おろし金でおろしたところでいつ日が飽きてきたので終わらせた。小さな土鍋でとろ火にかけて長時間かけて飴のようになるのを待つんだが...いつ日と遊んだりしてるうちに忘れてしまい焦がしてしまった。マジデカー。すっごいショックなんですけどー。こげた飴をなめてみたけど、めっちゃすっぱくて効くぞーって感じ。悔しいのでもう一度トライするかも。

梅仕事はじまる

0090517_b.jpg
青梅が出始めた。いつ日の夏のジュース用としてはちみつ漬け。それと黒酢を漬けてみた。はちみつの入っていた瓶にお水とレモンをしぼってジョボジョボ振るとはちみつレモン水の出来上がり。いつ日が何度もおかわりしてた。この副産物が意外と一番おいしかったりしてw。酢の方は砂糖も入れた方が飲みやすいらしいんだけど、ノンシュガーで漬けてみた。どうなるかなー??来週くらいには梅干し用が手に入るかな。去年の梅は傷が多くてあまりよくなかったけど今年はどうだろう。ワクワク♪旦那さんが9ヶ月くらいから梅干しをなめさせていたので、今では梅干しが好きでヨユーで1粒食べてしまういつ日。うちで作った梅干しは減塩どころかけっこうしょっぱいのに。塩分が心配だ。旦那さんがパパイアとみかんジュースの寒天ゼリーを作った。夏が近づくと寒天ゼリーをよく作ってくれる。おやつになるので助かる。今日も機嫌が悪くなって泣いていたけれどゼリーを目の前にすると泣いていたのも忘れて手づかみでズルズルと食べていた。夜ごはんはひさしぶりに料理らしい料理が作れた。やっぱり料理は楽しいな、もっと作りたいよー。

豆腐クリームのショートケーキ

090422.jpg昨日は旦那さんの誕生日だったので、豆腐クリームのショートケーキを作った。スポンジは玄米粉やアーモンドプードルを使ったいつものカフェエイトのベジレシピ。このケーキってすごく簡単だと思うの。クリームだって豆腐を水切りしてクイジナートでなめらかにして、味付けはメイプルシロップとバニラエクストラクトだけ(カフェエイトレシピだと+ラム酒)。左が今回旦那さんのために作ったもので、右は去年のいつ日の誕生日に作ったもの(お皿の色くらい替えれば良かった...)。ケーキを作ったはいいけど、他の料理はいつも通りの質素さで申し訳ないのだった。旦那さんも早く帰ってきて無事家族三人でケーキを食べて祝う事ができた。上に乗っていたいちごはいつ日に取られちゃったけど。ケーキを前にテンションが上がったいつ日はテーブルの上に乗り、バランスを崩してケーキを少しだけ踏んでしまった。私と旦那さんの「あ!」という声でウエーン!と泣く。よくない事をしたのに気がついたのだ。

かりん酒

090126.jpgいつも行く自然食品のお店にかりんが並んでいたので、かりん酒を作った。かりんとホワイトリカーと氷砂糖。イイ香り♪風邪の引きはじめに希釈して飲むと効くんだとか。小さな子がいる暮らしは風邪だの病気だのが日常。なんでもかんでも薬で押さえ込むよりも、軽いものはうまく経過させて自然治癒力をどんどんつけてもらいたい。いつ日はまだそれほどひどい風邪や病気に悩まされたりしていないが、1歳以降にイロイロもらうとも聞くし、備えは必要だ。しかし、子供ってやつは当然ながらお酒が飲めない。授乳中の私もしかり。んじゃこのかりん酒は誰が飲むんじゃ?という話だ。取っておけるので、いつかは役立つ日が来るさ。ホワイトリカーやお酒で漬ける系があまり使えないと今度ははちみつで漬ける系があるが、2歳まではちみつはやめといた方がいいらしい説を聞いてしまったので、むぐぅとうなってみる。そろそろ味噌を仕込む時期がやってくる。そして去年の味噌もそろそろ解禁♪楽しみナノダ♪♪今年も仕込むどー!

医療ミスとドーナツ

081214.jpg
医療ミスとドーナツ。略してミスド。先日いつ日のMR(麻疹風疹混合)の予防接種を打ちに行ったら、間違えてインフルエンザを打たれた。打つ前に「何歳?1歳になったばかりじゃ早いと思うのよ。2歳だってどうかしら?って思うわ」と言われ「そうなんですか?」と驚く。薬剤師のママ友にMRは1歳になったらすぐ打った方が良いとアドバイスされたのに、そんな説もあるのか??と心の中で思いながら。おばあちゃん先生はMRの用紙を自分の前に置きつつ「小さい子だとこれしか量が使えないし何かあってもねえ」と薬を注射に吸引しながらつづけた。「小さい子だと??」と、思ったのもつかの間チクっと注射され「あら間違えた!インフルエンザじゃないの?!」だと。受ける予定もなかったインフルエンザをあろうことか軽く説教されつつ注射された。有り得ないんですけど。おばあちゃん先生は言い訳がましく「最近こればっかり打ってたからごめんなさい、大丈夫インフルエンザなんてたいしたことないから、私が間違えちゃったんだから料金はいらないわ」だと。当たり前だろうが。インフルエンザの予防接種で「なにかあったら」とか説教した後になんの説得力もないんだけど...。インフルエンザの予防接種後は1週間おいて打たなくてはならない。この時期小さい子は体調を崩しやすいので、1週間後普通に受けられるかわかんないやんけ。毒を喰わらば皿までもと言うし、どうせインフルエザ受けちゃったなら確率をあげる為にもう一回受けるかぁ(幼児は2回接種)。今週は毎日のようにクッキーやドーナツを作った。VEGE BOOK3のレシピがおいしいから、次々作ってみているのだが。いつ日が眠っている間に作ったドーナツ。お昼寝から起きた寝癖のひどい状態でかぶりつく。

高きびハンバーグとキャロットソース

081119.jpgいつ日の食がすすまない。スプーンやフォークやお皿など、道具に気を取られてうまく使えないとこぼして遊んだり...。ただし目新しいおかずが出ると道具そっちのけで食べてくれる事もわかってきた。高きびとにんじんとタマネギと小麦粉で作ったハンバーグを食べさせてみた。キャロットソースもはじめて作ったんだけど、これを気に入ってちびおにぎりにもつけて食べていた。キャロットソースは蒸したにんじんに梅酢と塩だけなのだけど、ソースのような、ケチャップのような驚きの味に変化する。うーん、これは使えるぞ。(どちらも雑誌つぶつぶvol.1に載っています。)コロッケが好きなようなので、誕生日に作ってあげよう♪

Page Top