Yoga

妊娠中のアシュタンガヨガ

070910.jpg後期に入った今もマタニティヨガはやる気にならず、アシュタンガヨガを週に1〜3回やっている。と言ってもスタンディングの身体をねじるポーズや子宮を圧迫するポーズ以外で、シッティングは妊娠中にも良いと言われているバッダコナーサナなどをおなかを圧迫しすぎないように、柔軟程度。そろそろパドマアサナ(両足組んだあぐら)は組んではダメらしい。ちょうどかかとで赤ちゃんの頭を押してしまう感じだもんな...ブルル。ヨガをやる時間はトータル30分くらいと、内容的にも3分の1くらい。散歩やスクワットばかりだと、肩が凝ったり、膝や腰に違和感が出てきたりするのだけど、ヨガやる事で身体が整う感じがする。調子が良いのだ。体重もメーターを直視出来なくなってきたが(この体重、ホントに元にもどるんだろうか...コワイ)、さすがに身体が重たい!スリヤナマスカラもチャトランガからアップドックへ移る時はおなかを擦りそうで膝つくクセがついちゃったし。スリヤナマスカラBについては片足ずつ踏み出す時にどうしてもおなかに力が入ってしまうみたいで、おなかが張る事が多い。ちょっと休めば治るんだけど、あまり無理はいけないとBは控えめにしている。ちゃんと出来ているか不安だったので、旦那さんに写真撮ってもらった。写真を見て愕然。背中は曲がってるし、感覚が違うようで、足の踏み出し位置が思っている場所と1足分違う。もっと早くチェックすればよかったよ。妊娠してからというものアホみたいに汗をかく。いつもてぬぐいで顔の汗をぬぐっているのはもちろん、気づくと手首から汗が出ている。夏にアシュタンガヨガやってると手首や足首など普段汗をまったくかかないようなところから玉の汗が吹き出すんだけれど、今は動かなくても同じように汗をかく。冷えやすいみたいで足にはあまり汗をかかないみたい。

女性のためのアシュタンガヨガ

070620.jpg昨日はマユミちゃんのサイト作ってたら1日が終わってしまった。おかげでmammyAgのデザインは終了♪自分トコは後回しで次は8pageやらなくちゃな...来週にしよ。さて今日はヨガの話。何度も書いている通り、会社を辞めたらヨガに2ヶ月通いつめる予定でした。んが、妊娠発覚で通うどころか14週までヨガは禁止。この長い3ヶ月弱を経て15週目にしてやっとヨガが出来るようになるわけです。しかし今までのようには当然出来ない。参考にしたのは「女性のためのアシュタンガ・ヨーガ」この本には妊娠した時の禁忌のポーズや代用ポーズが載っているので、それに沿ってやっていく事が出来る。ネットでググると2年かそんくらい前に神南でやったマタニティのためのアシュタンガヨガについて書いている人もいるのでそちらも参考にした。それによると

  • 妊娠第1期(0週〜14週)ほとんどのポーズは出来ない
  • 妊娠第2期(15週〜28週)身体をねじるポーズと子宮を圧迫するポーズ以外は、ベーシックを手加減してやる感じ...(プライマリーのほとんどのポーズはNG)
  • 妊娠第3期(29週〜40週)物理的にできなくなるポーズが増える。

この3期に分かれる。私は1期は何もやんなかった。2期になると女性のためのアシュタンガヨガ本に載ってるようにやって良いようだ。3期になるとおなかが大きくなって、2期のようには動けないだろうといのは想像が付く。だいたいがねじっちゃダメ、深く曲げちゃダメ。ヨガは身体との対話なのだから、身体の声を良く聞いて無理をしないってのが基本だ。...これしきしか曲げないヨガなんてやる意味あんのか?と愕然としたのも確か。だけど他のマタニティヨガはもっと動かないので、なんだかやる気にならないし...。しばらく身体をのばさないでいるうちにみるみるギシギシしていく身体に思いっきり気がついた。どんなぬるいヨガでもやった方が良い!と、思った頃にちょうど2期になったので、再開したわけです。

Weekend Yoga

060820.jpg本当に久しぶりにヨガ教室に行った。IYCではなく、中野坂上のWeekend Yogaというところへ。アーム・バランスと総合的な力の強化(パート2)というワークショップに参加したのだ。どのレベルの人も歓迎と書かれているし、猿腕で腕の力が弱い私はアームバランスってトコに惹かれた。して何よりTarik先生に習ってみたかったのだ。IYCのマイソールクラスに初めて出た時、ケン先生のサポートとしていたTarik先生に一度だけアジャストをしてもらった事がある。背がとても高くてスラリとしていてソフトな雰囲気の人だ。しかーし、行ってびっくり。セカンドどころかサードのアサナ(私ごときでは到底やる日が来ないのでは?というポーズ)とか教えてくれちゃったりするのです。てかオイ、アームスタンドとかやった事ないし、無理なんすけど!!呆然としてるとTarik先生と目が合ってしまってにっこり笑ってアジャストしてくれちゃうのでした。英語圏の先生だと「できません」とか通用しなくて、良いんだか悪いんだかどんどん色々なポーズにトライするハメになるのだ。慣れないアサナがたくさんあってバテるわ、身体のバランスはバラバラになるわで、ヘッドスタンドでは久しぶりにクルっと回ってしまった。クラスのレベルも高かったので、ヘタな私はたくさんアジャストしてもらえて、うれしいようなワケわからないような...。最後はもうシャバーサナが恋しかった。今日もあちこちがイタイ。しかしひさしぶりに人に習えて本当にうれしかった。やっぱ最低でも週1くらいで誰かにポーズを正してもらうのは重要だ。

シャラスのワークショップを終えて

終わっちゃったなぁ。早起きは大変だけど、充実した気持ちになれて大満足。6時からのクラスは最後にシャラスの一本締めがありました(ケン先生にやらされていたw)。今回の目標は、シルシアサナ(ヘッドスタンド)はカウント中絶対に足をつかない!だったんだけど本日、無事に達成!!ヤタ!今日のシャラスのカウントは特にながーかった気がする。あきらめそうになったけど必死で集中。フンガー。最後の日なのに、便秘だったせいで右のお腹が言う事きいてくれなくて身体の調子がイマイチだったのが悔やまれる。うげげ、やっぱり食べたら出さないとダメですよ。出ないなら食べちゃだめですよ。6日間でアジャストしてもらった回数は2回。ほとんどふれないアジャストで、必要最低限の場所だけ指先で正すって感じなので、バランスをとるのがむずかしかった。ワークショップ中、京都から来たという人と少し話をした。ヨガのインストラクターだそうなのだけど「わざわざホテルをとって?!熱心ですね!!」って言うと「だってインドに行くより近いでしょう」と普通に言われ、逆に「仕事しながらアシュタンガヨガやるなんて大変じゃないですか?」と、言われた。た、確かに。朝のヨガクラスにしても、ヨガをコアにして生活してる人が多いものなぁ。そこが普通のフィットネスと違うというトコなんだろう。改めてみんなヨガに対して意識が高いんだなと感じた。今後も私自身どうなっていくかわからないけど、自分なりのヨガとの関わり方をしていこうと思う。

シャラスとお弁当

050930.jpgシャラスのプライマリーレッドクラスはなんだかちょっと様子が違う。あっという間に「あれ?もうパドマアサナ?」って感じで記憶がとんだような感じになる。3日間ともそうで、はじめは眠たいからこのようになるんだと思っていたのだけど、どうも違うような気がしてきた。アシュタンガヨガの先生は、実際にアサナ(ポーズ)を取ったりせずにサンスクリット語と英語をちゃんぽんしながらアサナの名前とカウントをとって歩いてまわる。ポーズがわからない人なんてこのクラスに限っていないけれど、わからなければ、まわりの人をお手本にするしかない。シャラスのカウントはゆっくりだけど、かなり等間隔のリズムを刻んでほとんどブレない、なんつうか、人の呼吸をよくわかっているというか、まるで人の呼吸を制御してるようだというか、とにかくすぐに気にならなくなる...もっというと催眠術にかかるみたいに集中しやすくなる。私だけか??隣の人がすごく上手にアサナを取る人だと、つられて自分もぐんぐん身体が動く時がある。それは目の端に写るうまい人が、自分の頭の中に"出来る自分"のイメージとしてすっと入ってくるからだと理解していたんだけど。シャラスクラスはまわりの人達がかなり良い"気"を発している気がしますわ。80人の呼吸する音がそろって大きく聞こえて、まるでくじらのおなかの中にいるような気持ちになる。で、そのくじらと呼吸を合わせると、あら不思議なんか身体が軽くなったかも?ていうかなんだ?私ってくじらの一部?シャラスはくじらの心臓か??ヨガをやりながらこんな風に無意識っぽくなった事ってあまりなかったような....。単に眠たくてドーパミン出ちゃってんのかもだけど、なんか不思議体験。大げさかもしれないんだけど、3日間で感じた事。ヨガ後はいつも以上にぼんやり。家に帰ってからは一生懸命お弁当を詰めたんだけど、昨日作り置きしといたものを全然おぼえてなくて、ああゆで卵もあったんだった!とかどんどんはみ出していったのであった...。

シャラート・ランガスワミー

今朝からシャラート・ランガスワミー氏のワークショップがはじまった。実はIYCのワークショップに参加するのははじめてである。まだまだ何一つ出来ないのに、ワークショップなんて受けても無駄だ!と思い込んでいた。けど「シャラスの授業は受けた方が良いよ」(シャラート・ランガスワミーがなぜシャラスなのかは、私にはわからない)と、朝のクラスの人達が口々に教えてくれるので、私もぎりぎりになって参加してみる事にしたのだ。シャラス氏は、私の先生であるケン・ハラクマのインドのお師匠パタビジョイス師のお孫さん。シャラスはアシュタンガヨガ(パタビジョイス師)の正式な継承者なのです。先生の大先生というワケです。そんな偉い人に、私なんぞが習ってもイイものなのか?と緊張しつつ行ってきた。80人くらいでプライマリーレッドクラスが朝の6:00-7:30、8:00-9:30と2クラスがあり、1週間続く。当然うまい人ばかりだろうと思っていたけど、さすがインドのカリスマ、有名な先生方がごっそり集結してましたわ(肩身狭ッ!)。一度アサナ(ポーズ)を間違えて足の外側持つとこを、親指もってたら直されたけど、とくにアジャストとかはされなかった。小柄なシャラス氏は足音を立てずに歩き、お香の良い香りがした。してとても細い足だったなぁ。骨が細そう...。私は朝の6時からのクラスなので脅威の5時起き。して自転車で荻窪まで行き、一度家に帰ってから会社に行くというスケジュール。あくびが出ちゃうよ。1週間は夜遊び禁止、酒禁止、ついでに肉も禁止。あー、今日歓迎会あるよ。がびーん
ここで動くシャラート・ランガスワミー氏が見られます。
http://www.ayri.org/movies/ashtangany.html
つうか、このムービーすげぇね。
ハリウッドスターが出てる。

IYC荻窪

私が通っているヨガ教室はIYC荻窪というところ。今まではっきりと書かなかったのは、なんとなく毎日のように通うところについて詳しく書くのが嫌だから。会社の事も同じ理由でほとんど書かない。ヨガ教室について質問がくるようになったので、aboutに載せました。
現在IYC荻窪は超初心者コース、入門コースなどのビギナーにやさしいクラスがあり、その上にベーシック1、ベーシック2(ハーフプライマリー)、プライマリーと続く。
去年はベーシックかプライマリーしかなかったので、私の場合はベーシックに週4で4ヶ月くらい通って、流れを覚えた後、マイソールクラスに通うようになった。
朝のマイソールクラスは6時くらいから9時までの間に行って(6時30分にチャンティングがあるのでそれまでに行くのが理想的)、それぞれのペースでケン先生からお許しが出たところまでのアサナ(ポーズ)をこなす。先生が教室の中を巡回していて、必要な人にはアジャスト(ポーズの手伝い)をしてくれる。アシュタンガヨガとは、もともとお師匠からポーズをひとつひとつもらっていくもののようなのです。そんな訳でプライマリーを習っている人でも、出来ていないようだったらば「そこまで」と進行を止められる。だから朝のマイソールクラスでは人によってやっているポーズがまちまち。ある時先生が横にやってきて「スプタウタビシュタコナーサナ(アサナの名前)やった?」とか言う「やってない」って答えると「じゃやってみよう」という感じで教えてもらえるのだ。なので、いつもひとつ先のアサナの名前を覚えるようにしようと思っていたっけ。けど最近は人が多すぎて、なかなか次にすすめなかったりする(それは他の人も同じ事...)。あと1個でフルプライマリー。けど決して出来ているわけじゃないの。練習してもいいってお許しが出ただけって事。プライマリーの先の事は私にはまだわからないんだけど、上級者や他の先生方が見た事ないアサナをそこら中でやっているのを見るかぎり、先は長い...いったいどこまで続くんだろうか...。朝のクラスに来ている人達はほとんどがクラスを持った先生や3年以上通い続けている人達(神奈川県から通って来てる人だっている)。誰もやめないだろうな、ずっとみんな続けていくんだろうなって思う。だから、だから、本当に増える一方なんですけど!

ヨガフェスタ2005 | 9月19日 | 赤坂プリンスホテル

050919_b.jpg最終日はチバレイこと千葉麗子様のインテグラル・ヨーガ。あすかちゃんとヨシヲくんの三人で走って前列で受ける事が出来た!うーん、細いと聞いていたが、スタイルがイイ!黒人の子供みたいな体型。お尻がこれ以上あがらないだろってくらいキュっとしてる。そして、フェスタで受けたレッスンの中で一番わかりやすかったなぁ。NHKで教えてるだけあって、チバレイは言葉にするのが上手なようです。そして、気持ちよかったよ、インテグラル・ヨーガ。途中「ヨガフェスタに来るくらいだから曲がるんでしょー?」「あつーい、汗かいちゃった〜(嫌そうに)、だって中級やれって言われてきたんだも〜ん」と、芸能人の頃に見せていたワガママそうな雰囲気がちらりと見えて、逆に好感持てた。終わった後はチバレイにみんながむらがって写真撮影会。携帯で激写されるのも嫌な顔せずに笑顔をおくるのにも感心しながら、近くでジロジロ観察してきました。声もかわいかったなぁ。しっかしとにかくスタイルの良さにザ芸能人の片鱗を見ましたとさ。
3日間で5回のヨガ。いやー、はじめてやるポーズが多いと変な場所にテンションがかかるので、身体が痛いです。やっと終わって頭の中がスカスカになってしまったようですw。1日休んだら、やっぱりアシュタンガの練習をします。ヨガフェスタでいろいろなヨガを受けられてたのしかったし、また来年も行きたいなぁ。そうそう、フェスタのロビーが禁煙ではなかったのはおどろきだった。私も1年前は喫煙者だったけど、ヨガフェスタなんだからせめて分煙すべきでは??と思いますた。参加者に喫煙者が多かったのも意外だったなぁ。

ヨガフェスタ2005 | 9月18日 | 赤坂プリンスホテル

050919.jpgさて二日め。この日はあすかちゃん、イノコ、旦那さんが一緒です。私と言えば、二日酔い気味+筋肉痛で会場にはぎりぎり到着。ふぁー大変。
1.アシュタンガヨガ・ヴィンヤサテクニック: ゴビンダ カイ
主にチャンティングを学んだ。チャンティングとは歌なのですが、この歌を歌う事により、身体の中に力が沸いたり、極端な事を言うと病気や怪我が治ったりする...と言われているもののようです。実際は歌というほどメロディラインはなくて、お経のような感じ。私が習っているヨガではヨガをはじめる前と後にチャンティングがあって、それを唱えるのは私も好きなのです。なんか呪文のようで楽しい♪先生によって、イントネーションというかメロが少しずつ違う。歌なのだからと、先生にならって、それぞれの歌い方をなるべくトレースしようとするのは私くらいで、みんな好き勝手な歌い方というか、大きな声出してるだけかも。ヨガの先生のチャンティングはホーミーに近くて、倍音が聞こえる場合が多い気がする。なので、声を聞くと癒されたり「イイ声だ」って思ったりしてるような...。これは呼吸法に関係しているのかも。ゴビンダ先生にはIYCのマイソールクラスで何度かアジャストをしてもらった事がある。結構力づくなアジャストなのだけど、根性なしでこわがりな私には意外にも相性が良かった。少しは無理せえ!っちゅう事ね。通訳は恋人(婚約者?)の吉川めいさん。息もぴったりという感じでわかりやすかったな。この日ならったチャンティングは「オウム、ガーン、ガナパタイェー、ナマハー」という言葉を繰り返し唱える。最初はゆっくりと、だんだん早くなって、また遅くなって終わる。これを3分間くらい。余計な事を考えると口がまわらなくなる。すごくおもしろい体験だった。もっと習ってみたい。
2.ヨギックアート:ダンカン ウォン
さて、前日に続き、ダンカンのヨギックアーツ。最後はやっぱり踊ってたけどw、後半手本を長い事見せてくれた。あれを見ただけでも、ヨガフェスタに参加して良かったと思えた。美しかったです。汗も全身にまんべんなくかいて、キラキラ光って、舞っていました。しかし通訳の人がイマイチだったので、すごく気になった。なぜか膝を「お膝」と言う。「お膝をついて」と、ここは幼稚園か?そのうち「おてて」とか言い出すのでは?と少しハラハラしました。ゴビンダ&めいさんの後だったので、余計にそう思ってしまった。

これで2日めは終了、私はホントにへとへとになってしまった。その後に家の事で打ち合わせがあったのに、なんだか上の空気味になってしまった。夜は練馬にあすかちゃんとイノコも泊まりに来て、合宿のようで楽しかった。あとはチバレイを残すのみ!

ヨガフェスタ2005 | 9月17日 | 赤坂プリンスホテル

050917.jpgヨガフェスタ2005へと行ってまいりました。朝ヨガに普段通り行った後にヨガフェスタにひとりで向かった。
1.オープニングセッション:ケン、バーシャ、綿本、ダンカン・ウォン
うわー、200人以上いる??テレビでもよく見かける綿本先生が身体をほぐすヨガを。朝のヨガで充分柔軟になっていた私はぐにゃぐにゃして、身体の芯がとらえられない感じ...そこへダンカン・ウォン様があらわれてアジャストしてくれた!コレってものすごくラッキーなのでは〜???アジャストの仕方は、無理矢理ってほどではないけど、強め。綿本先生の次にマドンナやビョークにも指導歴があるという今回の大本命ダンカン・ウォンの登場。アジャストしてもらった時も思ったけど、オーラがある!か、かっちょいい!しかし声が高くて香田晋のようにも見える!ヨギックアーツはもちろんはじめてやったけど、アシュタンガヨガに格闘技の型を混ぜた感じ。キルビルでかかりそうな日本テイストなラウンジやらノリノリな音楽をかけながらやるんだけど(選曲がすげーかっこいいの)、ダンカンはだんだんノってきて、だんだんポーズが怪しくなっていく。手を開いて両手を上げて、左右に振れ?は??コレはヨガ??っつうかダンス??身体をたおして右見てボクシング、左見てボクシング。キック、キック...完全に遊んでいますね??私は面白かったので一緒に笑いながら踊ったけど、隣にいた格闘技やっていそうな外国人はむかついたようで途中から眠ってしまいました。で、最後は私が習っている先生ケン・ハラクマ。スリヤナマスカラAを永遠やらされました。これがオープニングセッション。なんかスデにお腹いっぱいなんですけど!つ、疲れたし...。
2.PowerYoga入門編:綿本彰
疲れ気味なんだけど、ずっと習ってみたかった綿本先生の授業。綿本先生は背が高く細くてスラ〜っとスタイルがイイ。既に疲れている私には入門とは言え、後半はかなりバテてしまった。となりの人と組んで悪いところを直すんだけど、組んだ相手が、ヨガ歴が結構長そうな人だったので、いろいろ指摘してもらえてうれしかった。いつも思うけど、ダウンドッグがニガテなのだ。肩と首にテンションがかかってしまう。いつも。うまく力を抜けるようになりたいなぁ。

こうしてぼろぞうきんのごとく疲れはてた私は、家に帰ってから、ヨーグルトをもう一度食べて(朝からヨーグルトしか食べてなかった)、Eちゃんと高円寺で飲んだのであった。次の日のヨガにひびいてはイケナイと、早めの就寝をしたにも関わらず、次の日は軽く二日酔いなのだった。

Page Top